5月22日(日)「里山の土に触れよう~竹ポットの樹木苗づくりと移植ゴテでできる森づくり」

案内

◯ごあんない

5月の森まなび活動(里山環境教育)のご案内です。

今月は先月ご案内し催行できなかった竹のポット苗づくりを再度企画いたしました。森づくりに欠かせない樹木苗づくりです。伐採した竹を短く切って苗ポットにし、そこに樹木の実生(種子から発芽した幼い植物)を掘りとって植え付けます。カシ、モミ、シイ、カエデなど、修善寺の森に育つ木々の、竹ポットの樹木苗となります。

樹木苗はお持ち帰りいただいて、最低限の水やりをして育ててください。後に開催する植樹会の際にお持ちいただいて一緒に森づくりをしましょう。トンボビオトープに植栽予定です(または、ご自宅周辺に植えていただいても構いません)。

ポット苗づくりのあとは、移植ゴテでできる里山の環境改善造作を体験していただきます。樹齢100年超えの高木の生える尾根筋の土壌改善を行います。必要なのは移植ゴテと落ち葉と、あとは水の流れや地形を読む目だけです。 土を掘る体験から見えてくるものが必ずあります。実生の植物の根はどのくらい広がっているでしょうか?山の土の固さ、色、匂い、感触はどんなでしょう?植物の根と土中の生物との関係、落ち葉や土の話、生物を育てる土中をめぐる水や空気のことなど、里山の地面の下のことについてお伝えします。

*当プログラムは、令和3年度緑の募金「子どもたちの未来の森づくり事業」の採択事業です。

◯日時と場所
5月22日(日)
10:00-12:00 
雨天中止(前日までに催行決定します、中止の際はメールにて連絡)
伊豆市修善寺半経寺山(修善寺総合会館駐車場9:50集合)

◯対象
小学生以上~大人
小学校低学年までのお子様は保護者同伴にてお願いいたします

◯参加申込
定員15名まで
申込みフォームに必要事項をご記入の上お申し込みください

*申込み締切 5月21日(土)24時まで

◯講師
ネイチャーガイド 馬場龍一(ばーびー) 松村岳史(まっつん)
庭師 高橋洋平

◯タイムスケジュール
9:50 修善寺総合会館駐車場集合、受付、移動
10:00 竹ポットの樹木苗づくり(ポットづくり、実生掘り、ポットに植え付け)
11:00 移植ゴテでできる環境改善造作
11:45 振り返り
12:00 解散

◯料金
500円/人

修善寺の里山での環境教育プロジェクトを継続開催してまいります。できるだけ多くの子供たちに参加してもらい楽しんでもらいながら、人と自然が共に育っていく森づくりを進めていきたいと考えています。募金へのご協力もいただけたら幸いです。

◯持ち物・服装
飲み物、長袖、長ズボン(ダニがいることがあるので、つるつるした生地がおすすめです)、歩きやすい靴、作業手袋、(作業手袋、ヘルメット、長靴(数量限る)、クワ、剣先スコップ、移植ゴテの貸出しあります)

◯写真撮影について
当日はプログラムの様子を撮影いたします。後日、インターネットやチラシ等に掲載する場合がございます。写真掲載不可の場合は、当日高橋までお伝えください。

◯コロナ対応について
屋外イベントのためマスクの着用の励行はいたしませんが、常識的な衛生管理をお願いします。また、体調がよくない場合(例:発熱・咳・咽頭痛・味覚障害などの症状がある場合)は参加を見合わせてください。

◯主催
修善の森プロジェクト 高橋 洋平

お問い合わせはメール mori.to.ikiru@gmail.com まで

タイトルとURLをコピーしました